薬を持っている様子

EDに悩む人の数は多く、症状の軽い人も含めるとかなりの数の男性が性生活に不満を抱えていることがわかります。
この病気の治療は一般的に知られているものは、病院で処方されるED治療薬を服用するという方法があります。
それ以外にはEDに効くというサプリメントを服用することも効果があります。
これらの治療がEDの症状にどのように働きかけるのかや、この病気はどのような原因で起こるのかについても知っておくと、生活の中で注意をすることがわかります。

病気を発症してから悩むのではなく、発症していない人も予防的な生活を送ることが大切です。
この病気は全ての人がかかる可能性がある病気なので、EDについての知識を十分に持っておきましょう。

まず、EDってなに?

EDという言葉が浸透してきており、なんとなく勃起できない状態を指すことは知られていますが、具体的にどのような状態のことをEDというのかは、はっきりとわからないという人が多いようです。
EDは日本語に直すと勃起不全という言葉が使われていますが、完全に勃起ができない状態だけでなく、勃起にまつわる様々な不具合があることの総称として使われています。

EDは性行為を行おうと思っても勃起が起こらないという状態や性行為の途中で勃起しなくなってしまう状態などがあります。
また勃起をしたとしても、その状態になるまでに時間がかかりすぎるなど、様々なシチュエーションが考えられます。
そして、勃起をして性行為を行えたとしても、本人が十分に勃起していないと感じるようであれば、それもEDの一種になります。

勃起しているという定義が曖昧なため、本人が満足する性行為が行えないと感じた時にはEDの範囲に入ると考えられます。
またこの病気を発症している人の中には、毎回の性行為でEDの症状が出るという人だけでなく、普段は正常に性行為が行えていても、何かのきっかけでEDを発症するという人もいます。
精神的な要因も関係してくるので、この病気を発症した人は常にEDの状態である場合もあれば、そうではない場合もあります。

EDはペニスに問題があると思われがちですが、勃起をする時のメカニズムはペニス以外にも脳も関係しています。
まず勃起をする時に必要なことは性的な刺激を受けることです。
最初に性的な刺激が脳に入り、そこから神経を通してペニスに勃起するような指令が伝わります。
目には見えない場所で、このようなやり取りがなされており、脳からの指令がなくては十分に勃起をすることができません。

そのため、脳の病気がある時などは性的な興奮を感じたとしても、それがうまくペニスに伝わらないという症状が出ることがあります。
そういった時には、頭で思っていることと、体の反応が一致しない状態になっています。
こういった性的に興奮をしているのに、それが体への反応となってあらわれないという時もEDの症状と言えます。

勃起をしない状態であっても、本人が不都合を感じていなければEDを発症していると診断はできません。
そのため、正確に患者数を把握することは非常に難しいのですが、今までにわかっている患者数だけを見ても成人男性の4人に1人がEDの症状を抱えているという報告が出ています。

これは完全に勃起をしないという人だけでなく、十分な勃起状態を維持できないという人も含めていますが、それでもかなりの人がこの病気の症状に悩んでいるということがわかります。
これだけの患者数があるということは、EDは特別な人がなる病気ではなく、誰もがかかる病気だと思っておいたほうが良いでしょう。
またこの病気は年齢を重ねた人だけの病気ではなく、若い人にも増えているということも特徴です。

EDの原因は何が考えられる?

EDが何故起こるのかというと、勃起の際に必要な血液がペニスに流れない状態になると発症します。
勃起をする時には通常よりも大量の血液がペニスに流れますが、そのためにはペニスの動脈が十分に拡張しなくてはいけません。
血管が硬くなっていると広がりにくい状態になるので、十分な血管拡張が起こらずにEDになりやすくなります。

一般的に加齢に伴い血管が硬くなることが多いため、年齢を重ねた人にEDが多いと言われています。
血管の硬さは生活習慣とも関係してくるので、EDと生活習慣の関係も深く、生活習慣病の人にEDが多いと言われているのもそのためです。

ペニスの血管に問題があること以外では、頭で感じた性的な興奮が体に伝わらないという状態もEDを引き起こします。
これは器質的に脳の病気がある時だけでなく、精神的なことも関係してきます。
EDは精神的な要因も大きく関係する病気で、体がどんなに正常でも、精神的なものが原因でEDになる人はたくさんいます。

もともと性行為は精神的な影響を受けやすいという特徴があるので、EDに悩む人でなくても、精神的な影響で勃起が十分に起こらなかったという経験をした人は多いはずです。
その状態が何度も起きたり、性行為をしようとするとどうしても緊張してしまい不安が出てしまうといったようなこともEDの原因となります。

また精神的なストレスが溜まった状態になると、血管が狭くなり血流が悪くなることがわかっています。
多くの人がストレスがたまると肩がこるというのは、力が入った状態が続くことで、肩の血管の血流が悪くなるからです。
この時には肩だけでなく、全身の血流が悪くなっていることが多く、体全体の血流が滞っている状態だと言えます。
体がこのような状態になっている時には、ペニスへも十分な血液が送られにくくなっており、勃起しにくい状態だと考えられます。

そのため、精神的なストレスが蓄積している人の中には、知らないうちにEDを発症しているという人もいます。
こういった人の場合には、性行為の時に緊張するなど自分でわかる精神的な影響があるわけではないので、自分でも理由がわからないうちにEDを発症しているというパターンが多いようです。

もうひとつの原因がペニスを増大させるための神経がある、性器周辺の他の病気の影響です。
膀胱や前立腺、直腸などはペニスに近い位置にあり、病気が広がってくると勃起をする時の神経がうまく働かなくなることがあります。
またそういった病気になった時に手術を行うと、勃起に必要な神経を傷つけてしまうこともあり、手術後にEDの発症をしたという人もいます。

このようにEDの原因は多岐にわたっており、ペニスだけが原因というわけではありません。
EDを発症した場合には様々な要因があるということを覚えておきましょう。
場合によっては原因となっている病気の治療が必要になることもあります。

ED治療薬はどのような効果がある?

EDになった時に使用されるのがED治療薬と呼ばれているもので、今はいろいろな種類のものが開発されています。
初期の頃のものは食事の影響を受けやすいなど、使いにくさもありましたが、新しいタイプのものは使いやすさもアップしています。

ED治療薬の仕組みは、性行為をする時にペニスへの血流量を増やす作用があるということです。
そして、その効果は薬の効き目が続いている間に限定されています。
薬が効いている時間内であれば、勃起能力が高くなっていますが、薬の効果が切れてしまうと、元の状態に戻ってしまいます。

そのため、ED治療薬を使用する時に大切なことは、その薬が何時間程度持続するのかを把握しておき、性行為をする時に薬の効果がしっかりと出るように調整をすることです。
薬を飲んでも効果が切れてしまってから性行為をすることになれば、EDの症状改善は見込めません。

薬の効き目は一時的であるため、ED治療薬はEDの根本的な治療というわけではありません。
しかし、即効性に優れているので、どんな人でも服用をすれば効果が期待できます。
初めてED治療薬を服用したとしても、十分に体に働きかける力があるので、満足する効果が得られる可能性が高いでしょう。
しかし、ED治療薬を何度内服しても、血管の状態を変えたり、精神的な症状を改善できるわけではありません。

EDの症状があり、性行為の途中で勃起状態が衰えてしまい射精することができないという悩みを持つ人にもED治療薬は効果があります。
ペニスの状態を増大させるだけでなく、血流自体が良くなるので、ペニスへの刺激も感じやすくなり性行為の際に勃起状態を持続させる効果があります。
性行為がしっかりと行えるということで、射精ができないという悩みも解消に近づけることができます。

しかし注意をしておかないといけないことは、ED治療薬を服用しただけでは勃起するというわけではないことです。
性的な興奮をしなければ、ED治療薬の服用をしていても、薬の効果が出ている時だとしても、勝手に勃起をするわけではありません。

そのため、性行為をして射精までしっかりと行いたいと思っている時には、ED治療薬を使うだけでなく、性的な興奮が感じられるような環境も整えましょう。
また勝手に勃起することはありませんが、ED治療薬が効きすぎていると、勃起状態が長く続きすぎるといった副作用が出ることもあります。
それ以外にも、少しの刺激で勃起してしまうなど、普段とは違った状態になることがあるので十分に注意をしておきましょう。

ED治療薬には、精神的な効果が直接あるわけではありませんが、間接的に良い効果を出すことができます。
ED治療薬を使っているということで安心感をえられるという人が多く、精神的な安定につながるようです。
性行為の時に緊張してしまうというタイプの人の場合には、ED治療薬がお守りのような役割を果たすのでしょう。

ED治療薬とサプリメントとの違い

EDを治す薬として知られているものの中には、ED治療薬以外にもサプリメントがあります。
サプリメントはED治療薬と違って薬ではなく、EDを治すために必要な栄養素が入っている食品の一種です。
そのため、ED治療薬のような即効性はありません。

EDを治すためのサプリメントは、長期的に使用することで体の体質を変えることで、EDの症状も軽減させることができるというものです。
そのため、サプリメントを使って体質を改善することができれば、性行為をする時には何も使わなくても、満足できるほどの勃起状態を作ることができるようになる可能性があります。

EDを治す効果のあるサプリメントとして知られているもののひとつにペニソールがあります。
ペニソールは13種類の天然成分が配合されており、たった1錠服用するだけで簡単に13種類の成分を摂取することができます。
EDの改善に良いという成分はいくつかありますが、それを食品から摂取しようと思うと、たくさんの食品が必要になり、購入することが難しくなります。
それだけでなく、食品から摂取しようと思うと、大量に食べなくてはいけないものが出てくるなど、現実的に不可能なこともあります。

ペニソールは飲み続けることで、ペニスの大きさそのものを増大させる効果があります。
それは血流を良くする効果があるためで、勃起をしていない状態でもペニスを大きくすることが可能です。
含まれている成分は全てが天然成分だということで、安心して飲み続けられます。
勃起力だけでなく、精力の増進や性欲促進効果もあります。
性生活を充実させるために必要な効果が全て揃っています。

もうひとつのEDに効果的なサプリメントはサイズプロウルトラです。
サイズプロウルトラはトリビュラスやイカリソウ、ダミアナなどの天然ハーブが贅沢に配合されていることが特徴です。
ハーブは食品の一種ですが、健康に役立つ働きがあることがわかっており、様々な利用法がある成分です。

さらにサイズプロウルトラはLアルギニンというアミノ酸も含んでいるという点も注目されています。
Lアルギニンには血流改善効果があることで知られており、他にも生殖機能の改善効果もあると言われています。
さらにペニスを大きくさせるために必要な筋肉や骨の強化を促す成長ホルモンの分泌も促進する働きがあります。
このような効果でペニスの状態を良くし、EDの症状を改善させることができます。

こういったサプリメントはED治療薬と同時に使うこともできます。
性行為の直前にサプリメントだけを使っても、すぐには顕著な効果は出ないので、補助的にED治療薬を使えば、満足できる性生活が送れます。
そして長期的な視点で考えた時には、サプリメントを飲み続けることで体の内側からEDの症状を改善させることができます。
併用をしても体への悪影響はないので、上手に使い分けていきましょう。