• ホーム
  • ED治療薬にもジェネリック医薬品はあります

ED治療薬にもジェネリック医薬品はあります

2020年02月19日
OKサインを出す男性

EDはErectileDysfunctionを略したもので、直訳すると「勃起性の機能障害」となりますが、一般的な訳では「勃起不全」または「勃起障害」となります。
すなわち男性器において充分な勃起が出来なかったり、全く勃起しないなど性行為の際に挿入が困難になる状態を言います。
いわゆる中折れといった状態もそれにあたります。
男性がその症状になると夫婦間や恋人間では問題になるでしょう。

今ではED治療を行う病院やクリニックが多くあり、受診すれば一般的にはED治療薬(バイアグラや同等のジェネリック)を出してくれますが、弱い衝撃波を患部(男性器など)に照射し血流改善などの治療を行っている所もあります。

ところで中高年ともなると体のあちこちに何らかの病気を抱える人もおり、病院へ行くことはそれほど珍しいことではありませんが、ED治療へ行くとなると周りの目が気になることもあるかもしれません。
心も体も健康な時に「お元気ですね」と言われるのは嬉しいことですが、ED治療を考えている時にその言葉は聞きたくないでしょう。
気恥ずかしさがないという人でも仕事などで忙しくなると病院へ行く暇もなかったりもします。

そのように病院へ行くのを躊躇ったり行く暇がない場合は、ED治療を諦めた方がいいのかといえば、そうではありません。
インターネットの通販サイトでED治療薬を購入すればいいのです。
もちろん日本では街の薬局や薬を扱っている通販サイトでもED治療薬は売っていません。
ではどうするかと言うと海外の通販から個人輸入をします。

しかし海外サイトでは日本語で記載されていることは希でしょう。
それに初めて利用するサイトの場合、用心している人ならその評判などを別のサイトで確かめると思いますが、そこでも日本語では書かれていないと思います。
なかなか判断が難しいですし、中には偽物を送ってくる所もあると聞きます。
素人には本物と偽物を見分けることは難しいです。
本物であっても近年はジェネリック医薬品などもあって種類も多くどれがいいのか、日本語で書かれてないと選ぶのにも時間がかかってしまいます。

そういう時に便利なのが個人輸入を代行してくれる日本の通販サイトです。
日本語で書かれているので手続きもスムーズに行くでしょう。
その中でも実績のあるところを選ぶといいかもしれません。

通販でも買えるED治療薬のジェネリックについて

さて先ほど少し触れましたが、ED治療薬にもジェネリックがあります。
昔からあり世界的によく知られているのがバイアグラですが、それにもジェネリックがあるのです。
バイアグラは世界初のED治療薬ということで先発医薬品という位置づけになります。
ジェネリックは英語でGenericと書き、その訳は「一般的な」とか「包括的な」といったものになりますが、ジェネリック医薬品だと先発医薬品と同じ成分が入っている薬といった意味になります。

バイアグラのジェネリックは色々あり、病院でも出してもらえますし、先ほどの個人輸入を代行してくれる通販サイトでバイアグラと共に扱っています。
そのサイトで見ると気付くと思いますが、ジェネリックはバイアグラより安い値段となっています。
これはどういった理由なのでしょう。

ところで同じ成分なら「模倣品なのでは」と思うかもしれませんが、先発医薬品が取得した特許があるので、特許使用料を支払うなどしてライセンスを得れば同じものを作ることが出来ます。
しかしその使用料も含めて製造をすると販売価格が高くなり、先発医薬品の値段と変わらなければ販売競争に負けるでしょう。
そのため先発医薬品の特許の期間が終了したものを対象としています。
これだと、先発医薬品がかけた巨額の開発費用もかかりませんし、特許使用料も必要ありません。

こういった理由からジェネリック医薬品は安価に製造ができ、ブランドとしては弱いものの、価格競争に負けないものを販売することが出来るのです。
もちろん同一成分で作られているので従来の医薬品と同じ効果を得られます。
同じものが安価で手に入るので薬を必要としている人にはジェネリックは大変ありがたいものなのです。

後、ジェネリックだから金額的に手軽で気軽に使える面はあるのですが、先発医薬品と同じように副作用もあるので、服用方法なども含めて注意が必要です。