• ホーム
  • ED治療薬シアリスの効果・タダラフィルの特徴

ED治療薬シアリスの効果・タダラフィルの特徴

2020年01月18日
本を読んでいる男性

シアリスの有効成分であるタダラフィルには、効果の持続時間が長く食事の影響を受けにくいという特徴があります。
タダラフィルは分子構造がブロック状で遅効性なため、体内でゆっくりと吸収されます。
空腹時に服用した場合、効果が現れるまでに3時間ほどかかります。
タダラフィルには血管拡張効果があり、服用すると血流が促進されます。
そのため血圧低下やめまい、顔のほてり、頭痛や鼻づまり、消化不良などの副作用が存在しますが、遅効性のため発症しにくいというメリットがあります。

シアリス以外のED治療薬は即効性があるため副作用を発症しやすく、9割以上の人に何らかの症状が現れます。
一方シアリスは遅効性で効果が緩やかに現れるため副作用を発症しにくく、実際に症状が現れるのは全体の3割ほどです。
シアリスは体への負担が少なく持続時間が非常に長いので人気があります。
一般的な病院で処方されるシアリスは10mgか20mgの錠剤です。
効果の持続時間は10mgが20時間から24時間で、20mgは30時間から36時間とされています。

タダラフィルには食事の影響を受けにくいという特徴もあります。
服用前に800kcal以下の食事であれば摂取しても問題はありません。
ただし空腹時に服用した方が効果が高まるので、食事を摂った場合には消化するまで2時間ほど待つのが基本です。
脂肪分の多いファーストフードなどを摂取した場合には、6時間ほど待つと効果が高まります。
シアリスは性行為の3時間ほど前に水かぬるま湯で服用するのが基本です。
少量のアルコールで服用すると、リラックスしてスムーズにペニスが勃起できるようになります。

シアリスを病院で処方してもらう場合の価格は、10mgが1錠あたり約1700円で20mgは約1800円です。
通販サイトで個人輸入すれば、コストが大幅に下がります。
シアリスにはメガリスやタダリスSXのように海外製の安価なジェネリック医薬品も存在します。

シアリスのジェネリック「メガリス」はインド製

メガリスやタダリスSXはインドの製薬会社が製造・販売しているシアリスの安価なジェネリック医薬品です。
通販サイトではメガリスの10mgと20mg、タダリスSXの20mgを購入できます。
1錠あたりの価格はメガリスの10mgが約480円で20mgは約560円です。
タダリスSXの20mgは1錠あたり約500円とされています。
先発医薬品のシアリスを病院で処方してもらう場合と比較して、非常に安いコストでED治療ができるため人気です。
成分はいずれもシアリスと同じタダラフィルが含まれています。

メガリスやタダリスSXにはシアリスと同じタダラフィルが含まれているので、効果なども同様です。
特にタダリスSXの20mgは1錠あたり500円という非常に安い価格で購入できます。
ピルカッターで半分にカットすれば、10mgあたりの価格が約250円になります。
病院で10mgの錠剤を処方してもらう場合と比較すると、大幅にコストが下がります。
ED治療は継続的に行う必要があるので、インド製の安価なジェネリック医薬品を使用すると経済的です。

タダラフィルは副作用を発症しにくいため体への負担が少ないED治療薬ですが、併用禁忌とされる医薬品も存在します。
硝酸剤や慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬は併用すると血圧を過度に低下させる危険性があります。
これらの医薬品とタダラフィルは併用できないので、使用している場合は医師への相談が必要です。
メガリスやタダリスSXを使用する場合にも、硝酸剤などは併用できません。
事前に医師に相談してから使用すると安全です。

シアリスは使いやすさから世界的に人気があり、日本にも多くの利用者が存在します。
メガリスやタダリスSXなどインド製のジェネリック医薬品には、同じ有効成分のタダラフィルが含まれており価格も安価です。
ジェネリック医薬品を使用すれば、大幅に安いコストで継続的にED治療ができます。