• ホーム
  • ED治療薬レビトラの効果・バルデナフィルの特徴

ED治療薬レビトラの効果・バルデナフィルの特徴

2020年02月02日
笑顔のカップル

レビトラには勃起を阻害するPDE5と呼ばれる酵素の働きを妨げる効果を得ることが期待出来ます。
これはレビトラの主成分のバルデナフィルの特徴とも言えるものです。
臨床データによってレビトラは従来のED治療薬よりも即効性があり、勃起を促す効果が比較的強いという結果を得ています。

例えばレビトラを服用してから効果を得られるまでにかかる時間は平均して、約30分程で速い場合だと約10分程で効果を得ることが可能です。
この即効性はED治療薬の中でもトップクラスとなっています。
他のED治療薬は、性交渉の1時間前までに服用しておく必要があるのに対して、レビトラは性交渉の直前に服用しても充分に間に合うのです。
この即効性がバルデナフィルの最大の特徴と言えます。

そして、レビトラの勃起が促進される効果が持続するのは一般的に、約5時間から10時間程となっているのです。
作用する時間に差があるのは、レビトラによって主成分であるバルデナフィルが配合されている量が異なることが原因となります。

一般的にバルデナフィルが5mg配合されているものは効果が抑えられていて、大多数の医療機関では取り扱っていません。
そのため、レビトラを入手することを検討する場合はバルデナフィルが10mg配合されている物か20mg配合されている物のどちらかを選ぶということになります。

バルデナフィルの含有量が10mgの効果が持続する時間は、およそ5時間から6時間ぐらいで、含有量が20mgの効果が持続する時間は、およそ8時間から10時間ぐらいです。
服用する方の体調によって変わってきますが、一般的にはこれぐらいの時間で、効果を得ることが出来るとされています。

またバルデナフィルは別のED治療薬と比較するとあまり食事に影響しないというのが特徴です。
食事を摂取するタイミングやメニューを前もって気を遣いながらパートナーとの時間を過ごしたくないという人は、他のED治療薬よりレビトラを服用した方が良いと言えますが、硝酸剤などがレビトラの併用禁忌薬となっているので注意が必要です。

レビトラは個人輸入をすることで安く購入することができます。
個人輸入は一見ハードルが高く感じますが、個人輸入の代行をしてくれるサービスもあるので、通販サイト感覚で利用することが可能です。
EDの治療を極力安く済ませたい場合は、レビトラをお得に通販する方法を調べてみましょう。

レビトラジェネリックで人気なバリフ

レビトラのジェネリック医薬品であるバリフはお腹が空腹の状態であれば服用してから、およそ15分ぐらいで効果が出て、およそ5時間ぐらい性的に興奮したときに勃起が促される効果が持続します。
視覚や精神的な、わずかな性的な刺激であっても勃起しやすくなるので、勃起しなかったり、勃起してもその状態を持続することが出来ないことによって充実した性交渉が妨げられるEDの症状を改善してくれます。

主成分はバルデナフィルでレビトラと同じで、バルデナフィルが勃起しようとする働きを抑え込むPDE5という酵素の働きを妨げて、最も長い場合で、およそ5時間ぐらい効果が持続するPDE5阻害薬と言う種類の医薬品です。
他の有効成分を配合したED治療薬と異なる点として挙げられるのが身体の中に吸収されやすいというバルデナフィルの性質によって服用してから効果が現れるまでにかかる時間が短く、食事やお酒の影響が及びにくいということになります。

バリフを服用することによって引き起こされる副作用として挙げられるのは頭痛や顔の火照り、動悸、めまいなどです。
これらの症状はバリフの主成分であるシルデナフィルが身体の中に吸収している証拠なため、症状が長引くわけでなければ問題ありません。
他の副作用の症状についても、重篤で命を危険に晒すような症状はないです。

副作用の症状は、およそ4時間から6時間ぐらいで収ります。
しかし、6時間以上が経過しても副作用の症状が治まらなかったり悪化したりしたときは、すぐにお医者さんに相談することが必要です。

そして、持病をもっていて、その持病の治療のために医薬品を服用している場合は注意する必要があります。
何故ならば、その医薬品がバリフとの併用禁忌薬になっている可能性があるからです。
併用禁忌薬は主成分がバルデナフィルとなっているので、レビトラと同じ硝酸剤などが挙げられます。